戦う保育士ー子どもたちとBTSに支えられてー

今まで戦うことから逃げていました。けれど、戦いたいと思います。心折れることもあるけれど、子どもと少しの仲間と大好きなBTSに支えてもらい、頑張りたい!

ブログタイトル変えました!戦うんです!

お久しぶりです。

ブログタイトル変更です!

 

戦う保育士!

 

どんな戦いだと思うかもしれません。ずっと、ずっともやもやしていたんです。せっかくチャンスが巡ってきたので、戦いたいと思います。何を戦うかと言うことも、これから、書き残していきたいと思っています。

f:id:toro3929:20210504173934j:plain

子ども達

 

 

 

 

 

思い続けてきたこと

保育の世界に入って、長年思ってきたこと。

私が保育士をやってきた園は、一斉保育が主でした。

そこはいいのですが、一斉保育をやる為に、先生が怒鳴る、脅す、外れる子を放置する・・・。

 

それは、正直、私立も公立も同じでした。(あくまで私が行っていたところは、ですが)

 

これでいいの?泣かせてまでやらせなくてはいけないことなの?

怒鳴ってビビらせて、そりゃ怖いから子どもたちは言うことを聞く。その担任の話を聞く。

 

けれど、その担任がいなくなった途端、子ども達は豹変する。次の年度に爆発する。そして、それを見て、私じゃないとやっぱりダメだ。とその担任は自信を持つ。

 

その繰り返しを見てきた。

ずっとくすぶっていた。何かが違うんじゃないかって。

 

若い時は、それに流されて、そんな保育を続けてしまっていた。自信も持ってしまっていた。それに、他の先生に嫌われたくないし、陰口、言われたくないから。同じ思いですと、アピールしていたんだと思う。

 

でも何か違うと、心の奥では思っていたんだと思う。

 

きっかけ

自分自身が色んな保育園を経験して、子育てもして、何だか、第三者的な目線で見られるようになってきた。

歳を重ねてきたことで、先輩にぐちぐち言われる立場ではなくなったこともあった。

自分なりに、色んな本を見て、自分がしてきた保育が間違いなんじゃないかと、うっすら思っていた。

今どきは情報に溢れている。様々な素晴らしい保育をしている人達を見かけた。

今のままではだめだ。

本当に子どもたちにとっての保育をしなくちゃ。

彼らの人生を、大きく変えてしまうかもしれない、そんな大切な時期を共に過ごすのだ。

そう思ったら怖くなった。

 

そして、そんな時に、仲間に出会った。

同じ思いを持つ仲間。

 

私たちは、今の保育園を変えたいと、思うようになった。

 

 

戦うために必要なこと

 

そして、戦うそのためには、もう一度保育について勉強をしたいと思っています。

 

何が必要か。

保育を理解する力。

今の子ども達に必要な保育。

 

世の中に必要とされているものではなく、大人が必要としているものでもなく、子ども達にとって、必要となる保育を。

 

それをしっかりと説明できるくらい、しっかりと自分の中に落とし込みたい。そう思っています。

 

 これから

あ!BTSやENHYPENのことも、もちろん更新していきます!私の支えなので・・・。保育の勉強しながらも、情報を集めて、癒されたいと思います!!

これからまた、どうぞよろしくお願いします!